不動産は価格が高いので、購入や売却に失敗すると、大きな損失となります。そこで大切なのが、経験者から話を聞くことです。ここでは、不動産の購入や売却の経験者からの知識や知恵を学び、失敗しない不動産の購入や売却ができる情報が手に入ります。

不動産の学校|一軒家、マンションの購入や売却で失敗しない方法

未分類

一軒家をお得に売却するなら客観的に自分の家を価値を知ることが大事

投稿日:

一軒家の売却価値
一軒家の価値というのは建物の状態、土地の需要・環境などで変わってくることが多いですから、できるだけ高く売却したいなら自分の家の価値を知りましょう。

一軒家の売却は一般的に不動産会社に依頼する

一軒家を売却したい時、どのようにして売却すれば良いのか、どのような書類・手順が必要なのかも全く分からない人は多いものです。

今まで住宅・不動産関係の仕事についていた人であればある程度の知識はあるかもしれませんが、そうでない人であればそうした不動産の知識は全くないことから、どこに相談すれば良いのかすら分からないことが多いです。

ですから、売却についての知識が全くないような人であれば地元の不動産業者を訪ねてみても良いでしょう。

地元の不動産業者に土地の売却の仲介をしてもらうことによって、必要な書類や手続きなども不安なく行うことができます。

不動産業者はその道のプロですから安心して売却を進めることが可能です。

ですが、こうした不動産業者に仲介に入ってもらうことによって当然手数料などが必要になってきますし、売却された時は不動産業者にも収入が入るようにはなりますから、自分の手元に入る額というのは少なくもなってしまうものです。

ですからできるだけ高く売却したいと考えるような人であれば損だと感じてしまうこともあります。

自分で調べてほしい人に売却する

手数料を取られないように、できるだけ高く売却したいと考えるような人であれば、自分の力で売却する方法を選択しましょう。

自分で売却するためには不動産売却の知識を得なければいけませんから、ネットや本などを購入して手順、方法、法律上どんな義務が発生するかなども勉強しましょう。

また、売却している一軒家だと分かるように、所有している一軒家の場所に売却中だという看板などを立てて多くの人に知ってもらうようにしても良いでしょう。

不動産会社に依頼すれば多くの広告やチラシなどを出してもらって宣伝することができますが、売却利益をすべて自分のものにしたいのであれば、こうした宣伝も自分で行わなければいけません。

ですから立て看板、チラシの配布なども自分で行いましょう。
また、近所の人やお隣さんであれば購入したいと考えている人もいるかもしれないので、それとなく購入しないかと聞いてみても良いでしょう。

お隣さんや近所との交渉であれば楽ですし、自分の一軒家のその後の所有者が誰かもわかりやすいので気分的にも安心できるものです。

一軒家の価値は自分と他人とでは異なる

そして一軒家を売却する時に発生するのが思っていたよりも高く売れない・なかなか売れないという問題です。

特に注文住宅で建てた一軒家であれば自分のこだわりや思い入れもありますから高い値段で売却できそうだと考えてしまうこともありますが、実際は注文住宅程値下げしないと売れないのが現状です。

注文住宅のこだわりは自分だけのものであって、必ずしも他人が見て良いとは思えないものもありますし、人の好みが取り入れられている分買いたいと思う人が限定されるのも事実です。

ですから一軒家の価値は自分と他人とでは異なるということも頭に入れておきましょう。
誰でも気に入るような無難なデザインな分譲住宅のほうが売れやすいということもありますし、家そのものよりも土地が気に入って購入する人であれば、注文かどうかはあまり考慮されないことも頭に入れておきましょう。

高く売却したいのであれば次の人が住みやすいように売却前にアレンジしておいたり、目立つ傷跡などは補修などもしておくと良いでしょう。

周囲の相場も考慮して価格を決める

自分が今まで住んできた一軒家であれば思い出もありますから安い値段では売却したくないと思うのが普通です。

ですが、一軒家そのものが新しくとても綺麗だとしてもその家の価値だけで売却金額を決めるのではなく、周囲の土地、住宅の相場も考えながら売却価格を考えていくと良いです。

比較的安い分譲住宅が多いような地域であれば中古住宅が売却できずにそのまま残っていくようなリスクもありますから、半額でも買い手が見つかれば高く売却できたと判断できるようなこともあるでしょう。

ですから高く売却したい時は周囲の相場で考える必要があります。
また、あまりにも古い一軒家であれば住むにもリフォーム代などがかかるので、思い切って更地にしたほうが早く売却できることもあります。

ですが土地を更地にしてしまうと固定資産税が高くなってしまいますから、一軒家そのままで売却するのが一番良い方法です。

よほど土地が良く、更地にしたほうが売却が早くなると見込める場合以外は一軒家そのもので売却するようにしましょう。

まとめ

一軒家というのは一人でいくつも所有していることのほうが珍しいですから、売却時はどのようにすれば良いのか迷う人のほうが多いでしょう。

できるだけ高く売却したいなら業者を通したほうが良いのか、自分で頑張ったほうが良いのかも考えてみましょう。

-未分類

Copyright© 不動産の学校|一軒家、マンションの購入や売却で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.